HOME > 庄内エリア > 株式会社 平田牧場 > 「平牧三元豚」と「平牧金華豚」

庄内エリア

「平牧三元豚」と「平牧金華豚」

飼料用米

庄内平野が生んだ、美味な銘柄豚「平牧三元豚」と「平牧金華豚」

平田牧場が厳しい基準で育てる二つの銘柄豚

今や全国的に知られる「平牧三元豚」と、その希少価値から幻の豚と呼ばれる「平牧金華豚」の二つの銘柄豚は、 どちらも山形県酒田市にある平田牧場が、豚の品種、飼料、環境にこだわり独自に開発したブランド豚です。

「平牧三元豚」の美味しさの決め手は豚の健康

平田牧場の代表的銘柄豚「平牧三元豚」は、ほのかに甘く、きめが細かく、しっかりとした歯ごたえがあります。 特に、脂肪においては、脂っこさや臭みがなく、まろやかな甘みがあり、熱を加えることにより、 ジューシーで甘みのある肉の味が楽しめ、しゃぶしゃぶやとんかつで食べると、そのおいしさが本当によくわかります。
品種と飼料へのこだわりは「健康な豚」を育てるため。 現代養豚は早く成長する赤身の生産効率が高い豚が中心ですが、「平牧三元豚は」植物性の低カロリー飼料でじっくり時間をかけて育つ豚。 「魚もお肉も美味しさの決め手は脂肪にある」そうです。

国内2ヶ所のみの飼育。
希少価値の高い極上豚「平牧金華豚」

「平牧金華豚」は、日本では平田牧場を含め、2ヶ所のみでの飼育という、非常に貴重な品種です。 絹のようにきめの細かい肉質はもちろん、肉の間に細かく入る、サシと呼ばれる脂肪は、まるで高級和牛のようです。 いやな臭みがなく、肉と脂肪の甘み、旨みが凝縮され、ジューシーで濃厚な味わいです。 しゃぶしゃぶでお召し上がりいただくと、豚とは思えない、甘さ、旨み、濃厚さがより引き立ちます。 また「三元豚」とともに飼料の安全性にもこだわっており、非遺伝子組換えのトウモロコシや大豆粕を配合、 安心してお召し上がりいただける豚肉です。

全国的に注目される「こめ育ち豚」

さらに最近注目されているが庄内平野の減反田でつくられる「飼料用米」の取り組みです。 落穂を食べたカモの肉があっさりしていておいしい、という猟師の言葉をヒントに、 豚の飼料としたところ、たくさんの方から高評価を得られたのだそうです。 オレイン酸も多く含むことがわかりました。 日本は家畜飼料を輸入に頼っているのですが、穀物高騰により供給不安が懸念されています。 そんな中、庄内平野では全国の約半分を占める130haに飼料用米が作付けされ、食料自給率向上と環境保全、 豚肉の食味アップを実現する画期的な取り組みとしてマスコミから高い注目を浴びています。 残念ながら平田牧場の豚すべてには足りませんが、 「平牧金華豚」は飼育全頭、「平牧三元豚」では約3万頭が「こめ育ち豚」として育てられています。

品種と飼料へのこだわり
平牧三元豚

↑ 平牧三元豚 ↓

平牧三元豚
平牧金華豚

↑ 平牧金華豚

モバイル版のご案内

山形の物産情報サイト「ふるさとは市場のにぎわい」を携帯でご覧になれます。
下記URLを入力するか、QRコードを読み込むことでアクセスできますので、どうぞご利用下さい。

URL http://yamagata-furusato.jp/

ふるさとは市場のにぎわいモバイル
ページ上部へ