HOME > 誌面のご紹介

誌面のご紹介

ふるさとは市場のにぎわい-山形県全域版

山、海、そして母なる川「最上川」。おいしい故郷がここにある。

村山、置賜、最上の内陸部と、日本海に面した庄内。
山形県は大きく四つの地域に分かれ、それぞれ特有の文化・自然に恵まれています。 また、全ての市町村に温泉が湧出する全国唯一の県としての知られています。 県土の72%を森林が占めており、蔵王、鳥海、西吾妻や出羽三山などの名峰や、母なる最上川など、豊かな自然に恵まれています。
大自然の恵みが豊かな土壌をつくり、四季の変化に富む気候風土の中で自慢の食が育まれています。

協賛
やまがた観光キャンペーン推進協議会
おいしい山形推進機構
社団法人山形県観光物産協会
掲載内容山形県 4エリア(村山・庄内・最上・置賜)の物産情報
掲載エリア村山/庄内/最上/置賜
発行時期2008年4月
ふるさとは市場のにぎわい-山形県全域版

ふるさとは市場のにぎわい-山形県南部 置賜地方版

寒暖の厳しさゆえに、芽吹きの感動もひとしお。おいしい「おきたま」をぜひ味わって下さい。

城下町米沢を含む三市五町で構成される置賜地方(おきたまちほう・おいたまちほう)は、山形県の内陸部南部を指します。
福島県との県境には吾妻連峰、南西側には飯豊連峰、新潟県との県境には朝日連峰があります。 最上川の上流部にあたる置賜盆地と、荒川の上流部にあたる小国盆地の2つの流域があり、両者は出羽山地の分水嶺で分けられます。 四方を山で囲まれているため、夏は暑く、 冬は日本海からの季節風の影響で雪が多いという気候風土の厳しさもあり、多くの保存食を生んできました。
また、藩政時代には上杉氏が米沢藩主としてこの地域の多くを治め歴史にまつわる郷土料理が育まれ、 伝統野菜や山菜を食材とした独特の食文化が今も息づいています。

協賛
山形おきたま観光協議会
置賜地区商工団体協議会
掲載内容山形県南部 置賜地方の物産情報
掲載エリア米沢市/長井市/南陽市/高畠町/川西町/白鷹町/飯豊町/小国町
発行時期2007年12月
ふるさとは市場のにぎわい-山形県南部 置賜地方版

モバイル版のご案内

山形の物産情報サイト「ふるさとは市場のにぎわい」を携帯でご覧になれます。
下記URLを入力するか、QRコードを読み込むことでアクセスできますので、どうぞご利用下さい。

URL http://yamagata-furusato.jp/

ふるさとは市場のにぎわいモバイル
ページ上部へ